Powered By 画RSS
<< 【画像素材】遊戯王カードっぽいアイコン置いておきます | main | 漫画ゼアル4巻発売ですが >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



at , スポンサードリンク, -

-, -, -

【曲感想】遊☆戯☆王ZEXAL SOUND DUEL1を聴いたよハルトオオォォォーっ!!

評価:
(アニメーション),mihimaru GT,ゴールデンボンバー
SMD itaku (music)
¥ 2,530
(2011-09-28)

遊☆戯☆王ZEXAL SOUND DUEL1の中でも
気に入った曲や気になった曲などについて書いてみますよ。

フレーズが似てるとか同じだとか言っているのは
勝手にそう聞こえるか思い込んでいるだけなので
もし違っていても知ら管でお願い致します。

内容が天城さん寄りなのは
まあ、いつもの事なので予めご了承ください。

遊☆戯☆王ZEXAL SOUND DUEL2の感想はこちら

______________________________

「新たなるデュエル伝説」
ゼアルと言えばこの曲というくらい名曲過ぎる曲。
これを聴くためだけにこのCD買っても良いと言い切りたい。
「遊馬のテーマ」は別にあるのだが
こっちの曲の方が遊馬のテーマという気がするくらい。
導入部分の♪チャッチャッチャ、チャラッチャッチャッチャッ〜ってトコで
何かもうテンション上がってすっごく嬉しくなっちゃうYOwww
聴いていてものすごく勇気が沸いて来る曲だー(*´ω`*)
CDの最初の曲にしてくれてありがとうございますホント感謝。

「皇の鍵」
この曲を聴いていると、宇宙の神秘というような言葉を想像する。
ゼアルの作風自体が宇宙感の強いアニメだと思うのだけど、
最近出て来た"ヌメロンコード"も連想されるような曲である。

「アストラルのテーマ」
どことなくFFチックな曲。
アストラルのミステリアスな感じが良く出ている。
1:00-1:05とか、1:24からの数秒あたり特にイイなぁ。
ピアノメインの曲というのはハズレが少ないと思うんだ。

「デュエルターゲット・ロックオン!」
よく耳に残っている曲。テンポの良い曲なのでなかなかのお気に入り。
「かっとビングだぜ!」と共通部分の多い曲でもあるが、
後半、特に流れるような曲調になるこっちの方が好き。

「No. 39希望皇ホープ」
SF映画のテーマ曲かと思えるほど、これでもかと宇宙っぽさを感じさせる。
星の流れる背景に奥行きのあるスタッフロールとか流したくなっちゃう曲。
でもホープさんのテーマってこれだっけ?とか思っちゃうスミマセン。

「ナンバーズ召喚」
この導入部分だけで曲のほとんどを持っていっちゃてる気がするくらい
導入部分の格好良さは異常。導入部分だけリピートさせて聴きたいZE☆
しかし1:11からの流れもなかなかどうして侮れなかったりである。

「タクティクス」
鐘の音が絶え間なく聞こえる。
厳かな雰囲気の中、何かの予感。期待。開放。
ただ、そこには怪しい気配がつきまとう...
不思議と聞き入ってしまう曲である。

「ナンバーズハンター」
銀河眼光子龍のテーマとかいう名称なのだと思っていたよ。
導入部分がカッコ良いのに、後半部分の
曲調が変わった後から(0:50〜)がまた盛り上がり過ぎて
カイトサマったらヤダカッコイイー
全体通してのチェンバロ音もカッコイイー(*´▽`)
終盤(1:10〜)はハルトのテーマの終盤のフレーズと同じ。
その手前の部分にはフェイカーのテーマと共通フレーズも含まれている。
(2度同じフレーズが入ってくる箇所。0:55と1:05あたり)
後述もしているが、カイトとハルトとフェイカーの曲は
共通フレーズを多用しているので、この3人の関係は
わかる人には最初からネタバレしていたという事なのだろう。
この曲、聴いていると無印ゼアル放送当時の
カイトサマのご様子をあれこれ思い出すので少し切なくなる。

「ホープの危機!」
「タクティクス」と同じフレーズが入っている曲だが
こっちの方は冒頭から危機的イメージが強く出されている。
この曲を聴くとデュエルの緊張感みたいなものが
伝わってきそうなのだが、
このまま勢いよく逆転曲に入るのかと思ったら
次の曲はハルトのテーマになっているんだよね...

「天城ハルトのテーマ」
アニメ放送中から『壮大過ぎる』と話題になっていた曲。
寂し気なオルゴールから一変して曲調が変わった後(0:39〜)は
一体何が起こったのかと思うくらい壮大過ぎだよハルトオオォォォー!!
2:01〜のパイプオルガンで曲はさらに謎めいた雰囲気に変化する。
ていうかパイプオルガン最強。
1:09〜1:42は、リズムは少し違っているが
フェイカーのテーマの一部とほぼ同じフレーズ。
2:24〜が「ナンバーズハンター」と同じフレーズ。
何故、ひとりの子供キャラにこんだけ壮大なテーマが用意されたのか
疑問でもあったりもしたが、物語が終わってみれば
つまり「そういう、事か...」だった。
主人公である「遊馬のテーマ」(トータル2:41)とほぼ同じ長さ
(ハルトのテーマはそれより1秒長いトータル2:42)であり、
SOUND DUEL1の中では最長の曲となっている。

「Dr. フェイカーのテーマ」
無印ゼアル放送中に憶測されていた
"フェイカーとハルトは血縁的な繋がりがあるのでは?"の根拠のひとつに
ハルトのテーマとこの曲との共通フレーズが取り上げられていた。
(結果は憶測通りどころかそれ以上でしたがねぇ)
全体はいかにもな曲調なのだが、
気を付けて聴くと確かに共通フレーズが度々現れている。
0:23〜0:29が特にハルトのテーマと被る箇所だと思われる。
そして、後半部分で急に曲調が変わる部分の短いフレーズ
1:04〜1:15は「ナンバーズハンター」にも含まれている。
まあこの部分はハルトのテーマの中のフレーズでもあるのだろうけど
いやもうこういう要素を入れられるとダメだ(TДT)
あえて入れたような締めくくりの余韻とかさ...
まあ、全体を通して極端な強弱と変化のある曲は好きだ。

「決意のデュエル」
聴いていると『クロノ・トリガー』が頭の中にイメージされる。
そう言えばゼアルは他の遊戯王アニメに比べて
ゲームっぽい曲も多いような気がする。
もちろん悪くはない。むしろ歓迎。

「エクシーズ召喚!」
という訳で、こっちは中盤あたりを聴いていると
FF6の曲を思い出す。
しかしやっぱり導入部分と最後の部分、カッコいいなぁ...
弦楽器というのはハズレが少ないと思う。

「勇壮たるモンスター」
これもよく耳に入ってくる曲。
導入部分の二連続のリズムが格好良過ぎるので、
導入だけ何度も再生して楽しむと良いw
もちろん終盤も格好が良いので、
終盤を繰り返し再生するのも良いw

「反撃のターン」
決闘の緊張感が良く伝わってくる曲。
相手の圧倒的有利な戦況、そしてこちらの手札は...
ヤバイぜ俺、一体どうしたらいいんだ...?
考えろ遊馬...君を勝利に導くカードがそこにある。
そうか...わかったぜ!俺はこのカードを一枚伏せてターンエンドだっ!!
とか言ってちょうど終わりそうな感じだね。

「勝利の方程式」
まずタイトルが良いね。勝利の方程式!
既にこれだけで遊馬とアストラルのコンビネーションを
思い出させてくれる。
「勝つぞ、遊馬」と言うアストラルが
目に浮かぶような気にさえしてくれる。
導入〜0:25あたり、こういうリズムはかなり好き。

この、「エクシーズ召喚!」から「勝利の方程式」の連続4曲は
遊戯王ゼアルというアニメをよく表現している曲だと思う。

「遊馬、明日へ」
遊馬と名の付く曲は、聴いていて元気が出るものが多い。
ホント、かっとビングのための曲だな〜と思う。
0:15〜の音が4回上がる箇所は本気でテンション上がるですよ(*´ω`*)
______________________________

そして結論 → 遊戯王は神曲多過ぎ(*´ω`*)


文:リズム天国ゴールドの"ウラオモテ"
(ハイ、ハイ、ハイ、ハハァーイのヤツ)が全然できないいそみ


関連記事:
遊☆戯☆王ZEXAL SOUND DUEL2 感想
遊☆戯☆王ZEXAL SOUND DUEL3 感想その1
遊☆戯☆王ZEXAL SOUND DUEL3 感想その2
遊☆戯☆王5D's SOUND DUEL3 感想



at 11:33, チームSASIMI, 遊戯王CD聞いたよ感想

comments(0), -, -

スポンサーサイト



at 11:33, スポンサードリンク, -

-, -, -

▼お前のターンだ!満足させてくれよなっ